紫外線対策は春からはじめよう!

春から始めよう

「紫外線対策は夏になってから」と思っていませんか?
春から初夏にかけての季節は、あまり暑さを感じないため紫外線対策も怠りがち。
しかし、紫外線の量や強さは増加し始めています!

紫外線は肌の“老化” のもと

紫外線は、肌の老化の原因となります。
紫外線によるダメージ(光老化)は、加齢によるもの(自然老化)より深刻!!

自然老化と光老化の肌の変化

紫外線の種類と肌への影響

紫外線は、A、B、Cの3つに分けられます。
・紫外線C波(UV-C)
空気中の酸素分子とオゾン層で完全にさえぎられて地表には届きません。
・紫外線B波(UV-B)
オゾン層などにさえぎられて地表に届く量が減ります。
オゾン層の変化によりUV-Bの増加が懸念されています。
・紫外線A波(UV-A)
その多くが地表に届きます。

日焼け止めで肌を守る

日焼け止めの成分
・紫外線吸収剤
皮膚の表面で紫外線を吸収し、化学的にエネルギーに変えて放出することで紫外線が肌の内部に侵入するのを防ぎます。
紫外線を防ぐ力が強い一方で、肌表面で化学変化を起こし、かぶれなどの原因になることがあります。

・紫外線散乱剤
肌の表面で紫外線を跳ね返すことで、紫外線が肌に当たるのを防ぎます。
肌への負担が少なく、UV-AとUV-Bの両方が防げるのも特徴です。
化学変化を起こさないため、構造が壊れにくく効果は長持ちします。

日焼け止めの強さ

日焼け止めに書いている、SPFやPAの意味知っていますか?
SPFやPAの値が大きくなると、紫外線を防止する力が強くなりますが、肌への負担も大きくなります。
いつ、何をする時に使うかで、使い分けましょう。


Renaviaの日焼け止め


日焼け止めQ&A

Q.曇りの日や室内で過ごす日は、日焼け止めは必要ない?
A.日焼け止めが必要です
UV-Aは、大気に吸収されにくく、雲やガラスを通過しやすいという特徴があります。
曇りの日も晴れの日の半分以上の紫外線が降り注いでいます、また、窓際にいる場合はもちろん、日の当たらない室内にいても、散乱光によって紫外線は室内に入り込んでいますので、日焼け止めは必要です。

Q.メイクをした後の塗り直し方法を教えて
A. 次のやり方を実践してみて

①メイクや汗、皮脂をティッシュオフする
②手のひらに日焼け止めを伸ばす
③日焼け止めをプレスするようにしてポンポンと肌にのせる
③パウダー等で仕上げ
※塗り広げるとメイクが取れてしまうので注意しましょう

Renaviaで紫外線にまけない肌へ!

この機会に、Renaviaシリーズを使って、うるおいを保ちながら日焼けによるシミ・ソバカスを防ぎましょう。

 

 

 

皮膚と栄養-3「コエンザイムQ10」

肌のハリやうるおいを保つ大切な役割を担っている美肌成分である「コエンザイムQ10」。美肌を身体の中からもサポートしています。
身体の中のコエンザイムQ10は、20歳頃をピークに減少し始めますので補給をおすすめします。

◎ コエンザイムQ10のはたらき その1
エネルギーを作る

◎ コエンザイムQ10のはたらき その2
膜の酸化を防ぐ

検索