アミノ酸系セラミド成分で乾燥に立ち向かう!

気温と湿度が次第に低下し、冬が一歩ずつ近づいてきました。
環境の変化は、肌へも大きく影響を与えます。
肌荒れをほおっておくと、環境条件が悪化する冬は肌状態が改善されにくくなり、
冬の間肌荒れがちになってしまう恐れがあるので、対策が必要です。

その保湿、足りてますか?

「スキンケアをしっかりしているのに夕方には乾燥する・・・」こんなことありませんか?
健やかな肌の角質層の中では、何層もの角質細胞が重なっています。
そして、角層細胞同士のすきまを満たし、細胞同士や水分をつなぎとめているのが、細胞間脂質です。

細胞間脂質とは?

細胞間脂質は、ラメラ構造という油相と水相の繰り返しでできていて、バリア機能を発揮し、皮膚が持つ保湿機構の土台を担っています。
ラメラ構造が乱れると、水分が蒸発し乾燥が進んでしまいます。
「夕方には乾燥する・・・」そんな肌の悩みを抱える人は、細胞間脂質の成分であるセラミドが不足している可能性があります。

※細胞間脂質の約50%はセラミドから成っており、残りはコレステロールと脂肪酸でできています。

当てはまる原因はありますか?

セラミドが不足する原因

  1. 加齢
  2. セラミドは加齢とともに減少していきます。50 代になると 20 代の時の半分にまで減少するといわれています

  3. ターンオーバー異常
  4. 紫外線による日焼けや炎症などによってターンオーバーが早くなっ たり、遅くなったりすると、セラミド不足になります。

  5. 過剰な洗顔
  6. 肌の潤い成分は洗顔で失われます。ゴシゴシ洗顔は汚れと一緒に セラミドを失うことに。

Renaviaで“セラミド”を補う!?

Renaviaに配合されているアミノ酸系のセラミド類似体は、最強の保湿成分と呼ばれる、セラミドと同等のエモリエント効果が期待できる成分です。
角質層のすきまを埋めるように浸透し、細胞間脂質のはたらきをサポートします。
エモリエント効果水分の蒸発を抑制し、硬くなってしまった皮膚をやわらかくする

Renaviaの成分のここをチェック!!

アミノ酸系セラミド成分高配合のRenaviaのスペシャルケア


=Memo=
“化粧水”“美容液”も欠かせません

クリームだけでも乾燥を防げるって思っていませんが?
Renaviaシリーズは、化粧水・美容液・クリームにそれぞれの役割があります。
化粧水:肌に水分を補給する
美容液:有効成分を補い整える
クリーム:有効成分を補いながら保湿する
併せてご使用いただくくことで、より保湿力が高まる設計です。

全身の乾燥対策にも
アミノ酸とアミノ酸系セラミド成分配合のReaviaシリーズは、顔だけでなく全身の乾燥対策にもご利用いただけます。
チクチクかゆくなるこれからの季節にご活用ください。

皮膚と栄養10-「感染症と栄養」

感染症が気になる季節となりました。特に今年は新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大で、この冬場はいつも以上に感染症対策が大切になっています。
人には、感染症から体を守るための仕組みが備わっていて、
栄養状態は感染症から体を守るための「土台」となります。
栄養補給をしっかりして冬も元気に過ごしましょう。

マスクと肌荒れ
新型コロナウイルス感染症の感染防止のため、マスクは今や生活に欠かせないものとなりました。
しかしその一方で、長時間のマスクの着用により肌トラブルを起こす
人がが増えています。

—肌トラブルの原因は、マスクと肌の摩擦—
マスクを何度も着けたり、つけたまま話をすることで肌に摩擦が起こり、徐々にバリア機能が低下し、肌荒れが現れてきます。
また、マスク紐による摩擦で、耳の後ろの皮がむけるなどということも起きます。
バリア機能が低下した肌は、さらにダメージを受けやすい状態のため、正しいケアが大切です。

マスクの着用によって、敏感になった肌のお手入れにといて何よりも大事なのは、バリア機能を整えることです。
マスクを外した後は低刺激のクレンジングと洗顔料で汚れだけをやさしく落とし、化粧水・美容液・クリームでしっかりと保湿しましょう。

検索