お肌も五月病!?

お肌も五月病!?

5月の連休が明けたころから、なんとなく体調がよくない、やる気が起きない方いらっしゃいますよね。
五月病といわれており、実際になったことがあるという方も多いのではないかと思います。
実はお肌にも五月病があるといわれています。
冬の乾燥に耐えてきた肌が、春先の強い風や、花粉などの刺激によってダメージを受けている状態に加えて、環境が変わったことで、疲労やストレスを抱えがちです。
5月は過ごしやすい季節ですが、肌にとっては快適とはいい切れないのです。

今回は、5月の肌について一緒に考えてきたいと思います。

5月は気温が上がり、皮脂量が増加する


気温が高くなるこの時期は、顔に汗をかいたり皮脂分泌も活発になり、テカリやベタつき、メイクくずれなどが気になってくる人も増えるでしょう。
皮脂分泌が増加している時期で、ニキビに悩まされる方も。
マスク着用が日常的になり、これまでにニキビがほとんどできたことがない方でも、ニキビがよくできる、なかなか治らないという声を聞きます。
マスクをすると、“マスクの下が蒸れる”、“細菌が繁殖しやすくなる”、“マスクにより摩擦が起こる”などから、ニキビのトラブルを訴える方が増えています。
日々のスキンケアやマスクをこまめに交換することで清潔な状態を保つ、マスクの素材や大きさを見直すこと、外せる場所では外して刺激を軽減させるなど取り組みやすいところから対策してみましょう。

 

 

大人のニキビ対策
思春期だけでなく、大人になってからも出現するニキビ。
大人のニキビは、ホルモンバランスが乱れて皮脂が多くつくられること、角質層のターンオーバーが乱れることなどが原因で起こります。
ストレス、睡眠不足、生活習慣の乱れ、そして(生理前などの)体調性周期がホルモンバランスに大きく影響します。

【ニキビ対策】
1.スキンケアは刺激を与えずていねいに
古い角質、過剰な皮脂や汚れは毛穴を防ぐ原因になります。
2.食生活を整える
偏った食事は肌に悪影響を与えます。スナック菓子やファストフードなど油分の取り過ぎには注意。
皮膚のターンオーバーを整える栄養(ビタミンA、ビタミンD、亜鉛、CoQ10など)や、皮脂の分泌をコントロールしてくれるビタミンB2などを摂るのもおすすめです。

3.生活習慣を見直す
ストレスや睡眠不足はホルモンバランスを乱す原因。ニキビもできやすくなってしまいます。
 
大人ニキビが悪化してしまったら
セルフケアでは改善しない、悪化してしまうなどのときは、早めに専門医に相談しましょう。

 

5月の紫外線は真夏並み

5月は気温が高くなり、紫外線も真夏並みに高くなってきます。
紫外線を浴びると肌は、シミやそばかすができたり、コラーゲンがダメージを受けてハリや弾力が低下してしまうなどのリスクがあります。
肌老化の原因の約8割は、光老化によるものといわれていますので、日焼け大切を忘れずに。

 

まとめ 肌の五月病対策!!

1.日焼け対策を怠らない
日焼け止めや、日傘など対策しましょう!
詳しくは、「紫外線対策始めていますか?」をご覧ください。
⇒記事はこちら

2.肌を清潔に
落し切れないメイク、花粉、ホコリなどは肌のダメージのもと。
詳しくは、「スキンケアしながら洗う」をご覧ください。
⇒記事はこちら

3.保湿を十分に
潤っている肌は、ダメージも受けにくい。
詳しくは、「肌ケアの基本は保湿」をご覧ください。
⇒記事はこちら

4.内側からの栄養
肌に必要なのは、外側からのケアだけではありません。
バランスの良い食事やダイエタリーサプリメントを活用するなど内側からのケアも大切です。

5.十分な睡眠を
皮膚の細胞は夜寝ているあいだに修復・再生されるため、質のよい睡眠を十分にとることを心がけましょう。
また、睡眠不足で成長ホルモンの分泌が不足すると、ターンオーバーが遅れます。
 

皮膚の基礎知識-5 女性の肌・男性の肌

スキンケアが必要なのは、女性だけど思っていませんか?
男性にも正しいスキンケアが必要です!!

【男性の肌の特徴】
1.もともとの水分量が女性より少ない
水分蒸散量が多く、水分量は30~40%も少ない。
2.皮脂の分泌が多い!
皮脂の分泌が活発。自然と毛穴も大きく開き、汚れなどがつまりやすい状態。
3.髭剃りにより肌が傷んでいる!
髭を剃る度に、角質も削ぎとられてしまい、バリア機能が崩れたデリケートな状態に。
4.常に紫外線にさらされる!
スキンケアをしないため、紫外線にさらされ続けています。

 

News!!
男性は女性よりも肌のストレス耐性が低いことを発見

男性は女性と比較して抗酸化力が弱く、酸化ストレスの影響を受けやすいことを発見しました。さらに、肌の老化に関係する炎症指標を調べたところ、微弱な炎症の指標が女性よりも高いことがわかりました。男性はスキンケア・サンケア意識が女性よりも低い傾向にあることなど、生活習慣の違いも加わり、結果的に男性は女性よりも老化や肌トラブルを引き起こしやすくなっていることが示唆されます。
 

株式会社資生堂 Press Release (2020.12)
https://corp.shiseido.com/jp/news/detail.html?n=00000000003030&rt_pr=trh50

検索